2010年07月31日

工務店集客・資料請求のお客様への対応

最近このように、ネットで問合せが来たけど、訪問や電話は控えてほしい・・。とか

電話や訪問しても冷たくあしらわれる・・・・。など

どうすればいいか?相談を受けます。

はっきりいってこの手のお客様はホット客なんですよ!

特にネット等で来ている場合自社だけでなく、他社も一緒に資料請求してる場合がほとんどなんです。

ではどうするか?

逆にこの手のお客様の心理・行動等を考えると、

@自分のペースで進めたい
A自分の時間を大事にしたい
Bセールスとのやりとりは苦手(断りが苦手な方もいます)
Cいいと思ったら自分から動きたい
D小さい子供がいてその世話が大変で突然来られても困る。

などなど・・理由はあります。しかし!ネットユーザーは自分から資料請求や問合せをするぐらいだか

らみなさんの会社には興味はあるんです。

ではどうしてこのようなお客様の心を射止めるか?

訪問をする?電話をする?それでは嫌われるばかりです。しかしこれやる会社がなんと多いことか・・。

もったいなない・・。ポイントは・・・約3週間後にアポイントをとれるように行動しましょう!

まだわかりずらい?ではもう一つ。手紙を上手に活用します。

これでわかりますか?

ヒントをもう一つ。初動(最初にアクション興すこと)から3週間後から一カ月後に第二アクション

を興す方が多いんです。

という事はこの間いかにお客様に支持されるように動き、3週間から一カ月後に選ばれるように

するかですよね。

ご存知のように、再来場(2回目の来店)をするお客様はかなり成約率が上がります。

要はこの仕掛けをすればいいのです。

ヒントたくさんですね。ではがんばって成果に結び付く事を期待しています。
posted by ヒロアツ at 13:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。